毛染めはなんとなく体に悪いってわかってた。でもタルカムパウダーもなんて知らなかったよ。

前回紹介した書物の続き・・・

これは初耳だったので気になって調べてみました。

 

化粧品やパーソナルケアについては癌にさらされているか、いないか、二つだけ統計できるものがあるそうなんです。一つ目はタルカムパウダー(タルクが入ったパウダー)それと毛染め。

 

タルカムパウダーって・・・そう、いわゆる赤ちゃんがお風呂上りやあせもが出来た時に体にはたくアレです。

f:id:sorairo2000:20170510225311j:plain

タルカムパウダーを性器に頻繁にはたく閉経前の女性では卵巣ガンになるリスクがかなり大きいことが、統計的研究で明らかにされていること。もうひとつは髪を染めている女性は、多発性骨髄腫、非ホジキンリンパ腫白血病、膀胱ガン、乳ガンになるリスクが非常に大きいということです。 

 

わたし、子供が小さいとき、めっちゃ使ってましたわー。

毛染めはここ数年やってないです。毛染め成分はなんとなく頭皮に悪いと素人でも気が付きやすいですよね。

でもタルカムパウダーとガンが関係あるとは知りませんでした。

 

「タルク」が入っていたらの話なんでしょうが、すべてのパウダーに入っているか否かはまた調べてみないと分かりませんね。

toyokeizai.net

 タルカムパウダーの成分なんて安心だとしか思ってなかった。

minnakenko.jp

タルカムパウダーとはタルク(マグネシウムシリケート)と呼ばれるものから成っています。タルクとはシリコン、マグネシウム、酸素、水素の混合物です。タルクには、アスベストとして知られる有毒物質が含まれており、数々の研究によるとアスベストはガンをもたらす物質であるとされています。

1970年以降、アメリカで販売されるタルカムパウダーはアスベストを含まないものであるよう、連邦機関規制によって規制されています。

 デリケートゾーンに付けられたタルカムパウダーは、内臓に炎症を与えつつ、ガン細胞を成長させながら子宮や卵管、卵巣までたどり着く可能性があるんですって。

 

あのいい匂いのパウダー好きだったのに( ;∀;)


にほんブログ村

広告を非表示にする