酸化チタン、酸化亜鉛、ナノ粒子の日焼け止めまだ使ってるの?

 日焼け止めは今のところちふれのサンスクリーンを使っています。

 2017年3月1日にリニューアルされてますね。30mlで800円(税抜)

 

ちふれさんがナノ粒子かノンナノ粒子なのかが不明ですが、国産のはだいたいナノ粒子だそうですので(泣

  成分

シクロペンタシロキサン

イソノナン酸イソノニル

酸化亜鉛

酸化チタン

BG

グリチルレチン酸ステアリル

トレハロース

ヒアルロン酸Na

ユキノシタエキス

ポリメチルシルセスキオキサン

PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

PEG-10ジメチコン

含水シリカ

ハイドロゲンジメチコン

水酸化Al

ジステアルジモニウムヘクトライト

塩化Na

メチルパラベン

トコフェロール

 

おおおお、入ってますよ、酸化チタン酸化亜鉛

しかもコーティングはメジチコン。メジチコンは合成ポリマー。

落ちにくくなるけど肌には負担が。

 

本当は海外のオーガニックのもが欲しいと思っているのでちふれさんが使い切ったら海外オーガニックのものに切り替えします。

  

日頃使用している日焼け止めって安心してどの銘柄でも使い心地で決めて使ってたんですが、調べてみると酸化チタン、酸化亜鉛という成分はペンキに入っている材料だとか。もちろん顔に負担がかかってしまうんですね。

 

活性が強く紫外線が当たると、お肌を酸化させてしまうそうです。

とはいえ太陽の下、日焼け止め塗らないと紫外線A波やらB波にやられちゃってお肌がシミやシワだらけになってしまう悲劇が。

 

よくプラスチック製のハンガー類が長時間外で干されているともろくなってボロボロになるじゃないですか。あの状態に肌もなると思うと怖くてたまりませんよ。

 

結局どっちに転んでも悲劇には変わらない。。。

 

紫外線を防ぐには酸化チタンや酸化亜鉛は必要なんですよね。酸化亜鉛は体内で代謝されやすいのでそこまで人体に影響がなさそうですが酸化チタンは代謝されにくいから怖いなー。それならなるべく酸化亜鉛でノンナノ粒子の日焼け止めが欲しい!

 

どうして酸化チタンのナノ粒子は危険なの?の疑問なんですがここ。↓

 

鉱物系の粒子に詳しい方とたまに話すことがあるのですが、酸化チタンというのは、例えナノ粒子でなくても酸化チタン自体が体内で代謝されにくいので、人体にはあまりよくない成分だそうです。

 

ナノ粒子なら、なおのことよくないとのこと。
アメリカの研究では酸化チタンはナノのほうがナノでない粒子より10倍も毒性が強かったことを発表しています。
ナノになると動物実験では細胞に入り込んだり、脳に入ったり、血液を通して入ったりしています。

 ひいいいいい('Д')

 

そこでアンチエイジングの鬼さんのブログ(数年前ですが)に書かれていた情報を元に自分に合ったノンケミカルの海外オーガニック日焼け止めを探してみました。

 

plaza.rakuten.co.jp

このブログで紹介されていたひとつ、バジャーの日焼け止めを買ってみました。

届いたらUPしていきます。

 

どんな使い心地かな~

 


にほんブログ村

広告を非表示にする